珍品?  - J・L・combs ー

 

 

本日は、以前よりオールソール等いろいろと

 

ご依頼をお受けしております、マニアックなお客様より

 

また、また、珍しい靴をお持ち頂きましたのでご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1830年創業の『J・L・combs (ジェイ・エル・クームス)』

 

 

 

 

まだ、アメリカ先住民(インディアン)達が、森の中で

 

生きる為に、頼れる革靴が必要不可欠だったことから

 

作成されたとの事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは、モカシンシューズを作る為の材料に『シカの皮』を

 

選び、そしてそれを柔らかくなめし、豚の毛で出来た針と

 

豚の腸で出来たガット(縫い糸)を使って革を縫い上げた。

 

その結果モカシンは、快適で非常に耐久性に優れた

 

物となったそうです。

 

古臭く、ボリュームが有りどうも見慣れないこの靴

 

でも、こんな立派な歴史が有る事に感動です!

 

本当は、もっと奥く深い歴史が有るのですが

 

簡単な説明ですみません。   

 

ご参考まで!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、さてそのモカシンの丸いソール

 

現代社会の道路はとても痛くて歩けません。

 

そこで、お客様の奥様のモカシン仕様にオールソール

 

のご依頼です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約30日ほどお預かりとなりますが、楽しみにお待ちください

 

 

 

この素敵なご夫婦、モカシン履いてこの秋

 

インディアンになって、紅葉した森の中で

 

のろしでも上げるのでしょうか・・・・・・・・?

 

 

 

 

いつまでもお幸せに‼

 

 

 

 

 

 

 

では、mata!