~エンジニアブーツ・オールソール(靴底交換)~

 

今日はエンジニアブーツのオールソール(靴底交換)のご紹介です。

 

 

分厚かったソールのパターンも無くなりステッチも切れ、かなり履き込まれた感じが伺えます。

 

 

トップリフトも擦り切れ、ヒールベースも削れている状態・・・

 

 

 

この状態でカカト交換を行う際はヒールベースから作り直す方法になりますので、早め早めの交換が費用を最小限に抑えて修理出来るポイントです。

 

 

現状の状態からのオールソール(靴底交換)の修理は可能で、ソールの種類もお選び頂けます。

 

修理後はこの様な感じに仕上がります!

 

 

ソールの種類も現状に近い物を選びVibram#2870

 

 

 

ヒールの仕上げも素材を交互に組み合わせ純正を再現しました。

 

 

 

 

乾燥気味なアッパーもお手入れ1つで大きく印象が変わります。

 

シーズンオフになったブーツの修理のご相談はFOOTSTeP+2ndにお気軽にご相談下さい。

 

本日も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

~FOOTSTeP2nd~

北九州・小倉・靴・鞄の修理屋