~レディースブーツ・ウレタン素材の劣化~

 

ここ2週間は週末の台風の影響か、暑くなったり寒くなったり・・・

 

気温が安定しない日々ですが、靴の修理は夏から秋・・・秋から冬へと準備が始まっております。

 

 

こちらのブーツは一見何てこと無いように見えますが、実はある部分がとても劣化しておりました。

 

 

劣化している部分はこのソールの中のウレタン素材です。

 

 

このまま靴底を接着してもプレスにかければグチャっと崩れてしまう状態です・・・

 

触れば触る程ポロポロと崩れて行き、お客様もどうにかして欲しいと御来店。

 

 

修理方法としましては、ウレタン部分をスポンジで作り替えます。

 

 

ウレタン部分以外に、スエードで革巻きしている部分も近い色のスエードで巻き替えました。

 

 

よく見ればアッパーの色の違いが分かりますが、誰かに言わなければ分からないと思います。

 

 

靴底のソールはあまり減っていない為、純正のソールを流用しました。

 

 

お持ちの冬もののブーツの準備は進んでおりますか?

 

現在はカビ取り・ポリッシュ(磨き)・ソール接着・カカト交換・ハーフラバーソールが増えて来ました。

 

本格的なシーズンと同時に安心して履いて頂く為にも、早め早めの確認をオススメしております。

 

久しぶりに見て『えっ・・・』っとなった際はFOOT STeP+2ndにお気軽にご相談下さい。

 

3連休最終日、本日も皆様の御来店心よりお待ちしております。

 

FOOT STeP2nd

北九州・小倉・靴・鞄の修理屋