本日はALDEN54411の修理のご紹介。

 

つま先は新品の時にヴィンテージスティールを取り付けておりました。

 

 

トップリフトの交換でご相談を受けておりまたが、靴をよく見ると・・・

 

 

ソールの減り具合を確認すると、軽く指で押した状態でここまで凹みます。

 

このままトップリフトを交換して履いてもすぐにソールに穴が開いてしますので要注意!

 

同時にハーフラバーソールでの補強がおススメですが、今回はお客様のご希望でオールソール(靴底交換)致します。

 

 

また、履き口のトップラインの破れとカウンターライニングのダメージも気になるとの事でしたので、修理致しました。

 

 

トップラインはテープ巻きを行い、カウンターライニングの修理を行いました。

 

 

修理の際は元の針穴通りに縫っております。

 

 

ソールは素材を変更して”ダイナイトソール”に変更。

 

 

 

グリップ力・耐久性が高く、雨の日でも快適に履いて頂けます。

 

 

ビジネスシューズやワークブーツの修理はFOOTSTeP+2ndにお気軽にご相談ください。

 

本日も皆さまのご来店心よりお待ちしております。

 

~FOOTSTeP2nd~

北九州・小倉/靴・カバンの修理屋

FOOT STeP 2nd BLOG