~CROCKETT&JONES/オールソール(靴底交換)~

 

本日の1足は”クロケット&ジョーンズ”のオールソール(靴底交換)の御紹介!

 

 

 

ソールは薄くなっており、反対側を見てみると・・・

 

 

この状態・・・実はソールは減り過ぎて穴が開いている状態です。

 

このまま履き続けるとどんどん広がり、中のコルクが出てしまう為要注意!

 

 

カカトを見てみると、丁度良い交換時期でした。

 

トップリフトの交換時期がソールに穴が開くタイミングに近い為、もう少し早い段階で部分的な修理を行うかそのまま履き続けてオールソール(靴底交換)を行うかの判断のタイミング。

 

 

今回はソールの状態からオールソール(靴底交換)をさせて頂きました。

 

 

ソールはラバー素材に変更し、”ダイナイトソール”でオールソール(靴底交換)致しました。

 

 

ラバー素材に変更する事で、歩行時の滑りやすさを軽減し耐久性UP。

 

 

良く歩かれる方や、建築現場や車の営業・水回りで作業される方にオススメ!

 

 

また、アッパーは靴磨き次第で靴の印象は別物に!

 

 

ビジネスシューズの靴磨きやオールソール(靴底交換)はFOOTSTeP+2ndにお気軽にご相談下さい!

 

本日も皆様の御来店心よりお待ちしております。

 

~FOOTSTeP2nd~

北九州・小倉/靴・鞄の修理屋