~Crockett&Jones/オールソール(靴底交換)~

 

本日のBLOGはクロケット&ジョーンズのオールソール(靴底交換)の御紹介です。

 

 

つま先はヴィンテージスティールで補強を行い履かれておりました。

 

 

つま先の次に減りやすいソール中央付近ですが、写真はレザーソールに穴が開いている状態です。

 

これ以上履き続けると、ソールの穴はどんどん大きくなり中のコルクがでてしまい、最終的には修理不可能になる事もございますので、ご注意下さい!

 

この状態からの修理方法は大きく分けて2種類で、ハーフラバーorハーフレザーで補修するか、オールソール(靴底交換)を行うかになります。

 

靴の状態・お客様のご予算でご検討下さい。

 

 

今回のお客様はダイナイトソールでオールソール(靴底交換)を行いました。

 

 

雨の日でもガンガン歩けるラバー素材に変更されるお客様も多く、歩行時の滑りが気になる方にオススメなソールです。

 

 

レザーソールよりも耐久性がございますので、修理費用を抑えて長く履きたい方はオールソール(靴底交換)のタイミングでご検討下さい。

 

 

また、ウェルト交換からのリウェルトも行っておりますので、ついつい履き過ぎたお客様もお気軽にご相談下さい。

 

本日も皆様のご来店心よりお待ちしておりま

 

~FOOTSTeP2nd~

北九州・小倉・靴・鞄の修理屋