~Tricker’s/オールソール(靴底交換)~

 

本日のBLOGはトリッカーズのオールソール(靴底交換)の御紹介。

 

英国のカントリーブーツと言えば『トリッカーズ』と言う位歴史あるブランドですね。

 

 

ソールの種類もダイナイトやコマンドソールとありますが、今回のお客様はダブルレザーソールでした。

 

 

そんなソールも履き続ければ穴が開いてしまう為要注意!

 

 

ソールは左右共に穴が開いている状態です。

 

 

片足はトップリフトの交換時期を過ぎヒールベース迄減っており、靴の状態から今回はオールソール(靴底交換)を行いリフレッシュ致しました。

 

 

仕様はお客様ご希望のダブルレザーソール仕様!

 

 

また、オールソール(靴底交換)後にポリッシュ(磨き)を行う事で、修理前からは想像できない雰囲気に。

 

 

10年・20年と履き続ける為にも、靴のメンテナンスは必要不可欠です。

 

 

定期的なトップリフトの交換や、ハーフラバーソール・ヴィンテージスティール等の補強を行えば、修理費用を抑えて長く履く事が出来ます。

 

ビジネスシューズやワークブーツの修理はFOOTSTeP+2ndにお任せ下さい!

 

どんなに些細な事でも構いませんので、何でもお気軽にご相談下さい。

 

本日も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

~FOOTSTeP2nd~

北九州・小倉・靴・カバンの修理屋