~YANKO/ライニング修理~

 

ビジネスシューズの修理で多いライニングの破れ。

 

 

大きく破れた穴が、擦れて出来た部分です。

 

 

靴のサイズが大きかったり、靴ベラを使わずに脱ぎ履きを行ったりと様々な原因が考えられます。

 

 

しかも、今回はアッパーのトップラインも擦れて破れている状態・・・

 

ライニング修理は問題ありませんが、ライニングに巻き込まれたトップラインは新たにパイピングする必要がございます。

 

 

これ以上酷くならない為に・・・

 

 

 

擦れて破れた部分に、新しく革を当て挟み込んで縫う事で靴の状態を最小限に抑えます。

 

 

ライニングは靴を脱いでも分からない様に、近い色の革で修理致しました。

 

 

 

ビジネスシューズやワークブーツの修理を検討されている方はFOOT STeP+2ndにお気軽にご相談下さい。

 

 

平成の汚れ・・・平成のうちに・・・

 

本日も皆様の御来店心よりお待ちしております。

 

 

~FOOT STeP2nd~

北九州・小倉・靴・鞄の修理屋