アディダスのカントリ―ですが、年数と共にライニングの生地が劣化しておりました。

 

 

このままでは履けなくもないのですが、気になる気持ち・・・良く分かります。

 

 

 

 

この劣化・・・何かを塗って抑える事が出来ず、修理方法は張替になります。

 

 

 

通常のカウンターライニングの修理とは異なり、広範囲に渡って張り替えます。

 

修理前↑

 

修理後↓

 

 

 

シューレースを通す穴まで全て交換済。

 

 

素材は本革の為、今後の強度も十分にございます。

 

 

スニーカーのライニング修理でお困りの方はFOOTSTeP+2nd迄お気軽にご相談下さい!

 

 

破れた部分のみ張替から、広範囲に渡って修理させて頂きます。

 

お見積り無料!

 

本日も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

~FOOTSTeP2nd~

北九州・小倉/靴・鞄の修理屋

FOOT STeP 2nd BLOG