色々なスタイルに合わせやすく、脱ぎ履きしやすい”ローファー”

 

今回は、靴底に穴が開いてご来店。

 

 

中のコルクが見えている状態ですが、このまま履くとリウェルトが必要になったり、コルクが崩れて履き心地の影響が考えられます。

 

 

反対側は穴が開いておらず、左右での減り方の違いが分かりますね!

 

 

トップリフトは丁度良い交換時期でした。

 

よってレザーソールのまま履く際は、トップリフトの交換時期とソールの穴が開くタイミングが近い為、ハーフラバーソールでの補強を考えられている方は、穴が開く前にご相談下さい!

 

 

今回は素材を変えてオールソール(靴底交換)致しました。

 

修理前↑

 

修理後↓

 

 

選んだソールはダイナイトソール!

 

 

耐久性・グリップ力の良いラバーソールです。

 

 

歩行時の滑りやすさが気になる方や、ソールの減りが早く感じる方にオススメなソールです。

 

 

ビジネスシューズの靴底の修理はFOOTSTeP+2ndにお気軽にご相談下さい!

 

 

本日も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

~FOOTSTeP2nd~

北九州・小倉/靴・鞄の修理屋

FOOT STeP 2nd BLOG