本日の1足はニューバランス993。

 

修理のご相談はこちら!

 

 

そうです!ソールの加水分解・・・

 

 

 

1度始まると、誰にも止める事の出来ない劣化です。

 

 

修理方法はオールソール(靴底交換)になります。

 

修理前↑

 

修理後↓

 

 

“Vibram 186C”

 

Vibram社の開発した最新のRGS(ローリングゲイトシステム)を採用。

 

RGSとは、着地の衝撃を和らげながら体重移動を前進のエネルギーに変換するシステムで、自然な足運びをサポートし、長時間の歩行による疲労を軽減する形状のソールです。

 

今回の配合はタウンユーズ利用を推奨するVibram XS TREK配合で製作。

 

 

#186C Sphikeは、弓なりになった接地面が特徴で、足の屈曲や回転に合わせてソールが順応。

 

山道の滑りやすい環境や、雨の日の街中での使用を想定して開発されたソールになっており、滑りやすい路面でも最強のグリップ力を発揮して安心して歩くことができます。

 

 

加水分解をしたスニーカーに如何でしょうか?

 

 

※こちらのソールは常時在庫が無く、サイズによっては欠品している場合もございます。

また、全てにスニーカーに対応している訳ではありませんので、修理の際は1度お預かりさせて頂きます。

 

お見積り無料!

 

本日も皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

~FOOTSTeP2nd~

北九州・小倉/靴・鞄の修理屋

FOOT STeP 2nd BLOG